RSS | ATOM | SEARCH
曼珠沙華

ムード赤い花なら曼珠沙華ムードと、歌われた「彼岸花」はこの時期にみごとに咲いています。さくらも春になると楽しみです。私も、春になると・・・夏になると・・・秋になると・・・冬になると・・・日本独特の春夏秋冬の有難味がやっと少しだけ分かりだしてきました。年齢でしょうか?それとも日本人らしさが少なくなった昨今だからでしょうか?・・・らしさの中で一番気がかりなのは「自分らしさ」とは???。それだけは、いつまでたってもよくわかりません。「私は客観的に自分をみられる」と言う人は実にうらやましい限りです。
author:K・M, category:-, 05:00
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
彼岸花ですね、血の色の赤に似ているということで、不吉な花として、冷遇されていると、聞きました。
純粋に花の美しさに目を向けて、評価されたいでしょうに。
日本の四季折々の花はすばらしいですね。
なかでも、私が一番好きなのは、真夏の早朝の露に濡れている朝顔です。
すがすがしい、希望と夢が、詰まっている感じでしょうか。
なんか、今の自分とは正反対な感じで、・・・
そんなもんなんですよね。ないものねだりというかなんていうか・・・
「自分らしさ」ってあまり考えたことはないですね。
そうは言っても、「私はあなたとは、違うんです」といいきる個性もないし、しいて言えば、道端の名も知らぬ一輪の花が目標でしょうか。
な〜んてね。

オンリーユー, 2008/09/25 10:51 PM
>オンリーユーさん
朝顔はいいですね。小学校の子供たちが育てるのも「希望」と「夢」かもしれません。そんな昔のことを思い出せてほんの一瞬「紅顔の美少年」時代にタイムスリップしました。
ところで「紅顔」でいいの?
K.M, 2008/09/26 8:41 AM
> K.Mさん
紅顔でOKですよ。
{肌のつやつやした様子を強調して「紅顔の美少年」という形容が使われる。}ということです。
若いんですね。
決して○丸の美少年ではないんですね。
引かないでくださいね。
ではまた。




オンリーユー, 2008/09/30 1:35 AM
>オンリーユーさん
たびたびのコメントありがとうございます。
紅顔も○丸の方もくたびれてきました。
平均寿命なら残り20年と少しの人生です。
どうせなら毎日楽しくやりたいですね。
悩みが多いのは意外と自我が邪魔していることが多い。
何も欲しがらなければ悩まない。気楽にいけるポイントは
その辺でしょうか。しかし、凡人の私は欲しいものばかりです。修行が足りないのですね。
K.M, 2008/09/30 8:43 AM









Trackback
url: http://z-hitorigoto.jugem.jp/trackback/7