RSS | ATOM | SEARCH
道シリーズ2:酔っ払う?道
 ここは、唐津市鏡山の登山道です。

DSC_0027.JPG
路面凹凸ありの標識

私的には、凸凹(でこぼこ)と言いますが、ここでは凹凸(ぼこでこ)と言うのでしょうか。

凹凸(おうとつ)と読むのが、正解でしょうね。

DSC_0028.JPG
この先路面凹凸ありの標識

またもや、「凹凸あり」の文字が出てきました。

この道は相当古くて凸凹・凹凸な道なのだろう、気をつけて走らないと

いけないと思っていた。

次の瞬間、

DSC_0025.JPG

えっ、道が凸凹・凹凸ではなく、波打っているではありませんか!

この状態が次から次から出てきます。

車酔いする人はゆっくり走行しなければいけません。

もちろん飛ばさないように工夫された道だと思いますので、ゆっくりゆっくり行かなければ

なりませんが。

上る時は、自然にゆっくりなりますが、私の体験では下りは結構面白かったです。

でも、安全運転が一番ですね。

運転手以外には気分が悪くなって酔っ払う人もいるかも?



author:K・M, category:-, 13:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://z-hitorigoto.jugem.jp/trackback/41