RSS | ATOM | SEARCH
「要らぬ心配」ですか


某民芸風宿のロビー天井です。
結構有名な人気の宿のようです。
泊ったことは一度もありませんが、日帰り温泉入浴は幾度となく利用しています。

この倒れ方が魅力なのでしょうか、気になって撮りました。

ところでこのような造りが流行りとはいえ、どこに出かけて行っても思います。
この下で食事やお茶を頂くのに上に積もった埃が落ちてこないだろうかと
いつも「要らぬ心配」をしてしまいます。
しかし、この宿では今回はその事よりも丸太組が倒れないか?と、
これまた「要らぬ心配」をしてしまいました。
「要らぬ心配」=いらぬおせっかいでしょうか。

絶対にお店ではいつも掃除が行き届いていて「心配無用」ですね。

個人の御宅でこのような天井なしの造りに出会ったことがありますが、
2階からの眺めは施主の掃除嫌い?が見えて何ともいえませんでした。
数ミリのほこりには何事も「ほこり高き」ご主人と相まって
「ほこりの誇り」が威張っているようでした。

見栄えも気持ちも新築の時のようにはいかないようですね。





author:K・M, category:-, 15:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://z-hitorigoto.jugem.jp/trackback/32