RSS | ATOM | SEARCH
島をたずねる


昔からお世話になっているお客様のご主人がお亡くなりになって今年で7年忌をむかえる。
早いものだ。ご存命中はなにかとご指導いただき一度は訪れてみたいと思っていた。
ご主人は生まれ育ったこの島で安らかに眠っている。
墓参りとはおこがましいが、はじめて立ち寄ってみた。
人口も少ないらしくお年寄りは見かけたが子供の声も、若い衆の姿もなかった。
さみしい感じはしたが、あくまでもご主人の故郷。どうか、ご家族を見守っていてください。


島の入口港


author:K・M, category:-, 19:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。