RSS | ATOM | SEARCH
「明けない夜はない」本当ですか?


ご存知、鹿児島にある西郷さんの銅像です。今年のNHK大河ドラマ「篤姫」には堪能しました。大河ドラマは毎年のようによく見ていますが、今年は特に面白かった。史実をよく知らない私は、初めの頃はあまり面白くなかったが、宮崎あおいさんが演じる役が徐々に「於一」「篤姫(篤子)」「天璋院」と変わっていくにつれ、たとえ多少の脚色があったとしても人の生き方を考えさせられたし、時折「天璋院」様の気風(きっぷ)のよさがストレス解消のタンカにも聞こえ痛快でもあった。昔のこととはいえ、何もない時代は何事にも大変であったろうに、ぐっと胸におさめ、事あるごとに「薩摩おごじょの心意気」を通しきった姿は、ほんとうに惚れ惚れした。また、はじめて知ったが小松帯刀は坂本龍馬に力を貸し長崎にも何かと足跡を残している。皆さんに共通して言えるのはたとえ権力があっても己のことは二の次に考える。すばらしい人たちであったのですね。それに比べて最近の社会情勢はどうなっているのでしょうか。師走になり正月も近くになって大変暗いニュースばかりです。我々庶民はいつまで指くわえて待っていなければならないのでしょうか。「明けない夜はない」と言いますが、本当にそうでしょうか。見えない先が不安ですね。平成21年が少しでもいい年になりますように。今年はこれで、終りにします。来年もぼちぼちブログがんばります。応援してください。それでは皆さん良い年をお迎えください。
author:K・M, category:-, 18:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
あけまして、おめでとうございます。
篤姫は年末の総集編で三日で見ました。
とても、おもしろかったです。
篤姫と幼馴染の関係が、最後まで、見る人を
引っ張っていったような気がします。
大変な経済情勢ですが、これがまだ、地方までは
波及していないのでは、今年以降が大変なことに
なりそうな気がします。
今年も、よろしくです。
滝川, 2009/01/02 11:12 AM
滝川さま>
ありがとうございます。
返事、遅くなり申し訳ありません。
今後明るい話題も取り上げたいと思います。
暗い話ばかりでは元気が出ませんね。
今年が良い年になりますように初詣でお祈りして来ました。そうなってほしいです。
がんばります。ことしもよろしくお願いします。
K/M, 2009/01/11 2:04 PM









Trackback
url: http://z-hitorigoto.jugem.jp/trackback/16